自信を手に入れましょう

O脚がひどく、足を人前で見せたり細身のパンツを履くことに抵抗を感じている方は是非O脚を解消して生活をガラッと変えてみましょう。
そのために必要なことは、なぜO脚になってしまった原因を知ることで対策を考えることが出来ます。
普段の生活での姿勢が悪影響を与えており、歩き方や立ち方また座り方に起因しています。
そしてその多くが骨の変形などのの異常な状態ではなく、関節や筋肉の付き方によって症状があらわれてきます。
O脚の治りにくい原因は膝が開くことによってそれを支える膝外側の筋肉が発達しさらにその方向に開いて行ってしまう悪循環がくりかえされているのです。
また大腿部でも外側の筋肉を使い、さらに立つときに足の裏側でも外側で立っている方が楽になってくるのです。
こうなると骨盤まで開いてしまうのです。
これを解消すれば治る訳ですから、普段の生活で意識をしていきましょう。
まずは膝自体を近づけることを意識しましょう。
この時の注意点ですが、立っている時に重心が後方に行かないようにしてください。
ラジオ体操などで腰に手を当てて後ろに反り返ると自然と膝が外に開きます。
反対に前屈をしようとすると膝が閉じる事になりますので、体重が後ろに行かないようにしましょう。
そのために必要なことは足の裏側のどこに体重がかかるとよいかと言うと、拇指球側に体重がかかることを意識してください。
これにより体重が後ろに行くことも防げると同時に膝が自然と締まってきます。
ただし、前傾姿勢をきつくし過ぎると腰に負担がかかるので、注意が必要です。
このように普段の生活を改善することで徐々に直すことが大事ですが、さらに効果を高めるために道具を使う事もお薦めです。
骨盤矯正ベルトや専用のインソールを入れる、矯正用のサンダルや整骨院での治療もありますので同時に行うと効果が高くなります。
これらを意識していけばすぐに効果が表れますが、長年かけてなったO脚ですからすぐに戻ってしま鵜可能性もあります。
継続して根気よく続けていきましょう。